炭は、土にかえらない

最近、キャンプやバーベキューを楽しむ方が増えてきました。

バーベキューといえば、炭に火をおこして、熱い思いをしながら楽しく食べたりする。

 

初めて炭に火おこしをしたときは、なかなか火がつかなくて大変な思いをしたものです。

最近は、簡単に火が付く炭とか、ゼリー状のものとかいろいろあります。

どれを使うにも注意が必要で、BBQを楽しんだ後の後始末もきちんとしておきたいですね。

ゼリー状の着火剤を使うときは、途中で火の勢いが足りないからとゼリー状の着火剤を足すのは危険です。

着火剤の主成分であるメチルアルコールは、揮発性が大きいためガス化して引火しやすいので、一度火をつけたら、着火剤の『つぎたし』は絶対しない!

 

 

そして、BBQなど薪や炭を使う場合は、火消壺を持参しましょう。

場所によぅては、炭捨て場があるので、確かめてから行うようにしましょう。

炭は、自然に戻ることがなく、そのままそこに黒いものが残ったままになります。

しかも、火が付いたまま埋めるなんて、もってのほか!!

マナーやモラルを守って、楽しくアウトドアを過ごしてほしいですね。

 

アウトドアでパエリアを作ろう~♪

外で食べるご飯って、美味しいですねぇ~

キャンプでパエリアを作ってみたら、美味しくって母子キャンのとき、作ってます。

パエリアで使うサフランが、近くのスーパーで売ってるので、助かります。

以前はスーパーに売ってなくて、ネットで購入しました。

 

使うフライパンによって、火加減や時間が違うので、使うフライパンに合わせてください。

我が家は、9インチのスキレットで作ります。

 

材料

米   1合 (洗わない)

海老、イカ、アサリ、ホタテなど  200g前後

玉ねぎ   1/4  (みじん切り)

パプリカ   半分  (縦にスライス)

にんにく   1カケ (みじん切り)

オリーブオイル  適量

白ワイン   50cc

コンソメの素  1個 (砕く)

サフラン   ひとつまみ

水150cc

 

作り方

1.水にサフランを入れておく。米は、無洗米を使うといいが、普通のコメでも大丈夫です。米は洗わないほうが、粘りがでて美味しくできます。洗った場合は、水分量を調節してください。

2.スキレットにオリーブオイル、みじん切りにしたにんにくを入れて弱火でゆっくり熱して香り出しをする。

3.魚介類を焦がさないように炒め、別の容器に取り分けしておく。この時点で、火は通らなくても良い。

4.同じスキレットにみじん切りにした玉ねぎを炒め、米も入れて色が変わるまで炒める。(焦がさないように注意)

5.白ワインを入れて、アルコールが飛んだら、スープ(サフランを入れた水、コンソメを溶かしたもの)を加え、中火のまま沸騰させる。

6.少し煮詰めたら、魚介類をスキレットに戻して、パプリカを入れて蓋をして弱火にする。

7.スキレットやフライパンにもよりますが10分前後で一度様子をみて、パチパチ音がし始めたら火を止めて、蒸らします。

 

 

 

お好みで、鶏肉やトマトを入れても美味しくできますが、我が家は、鶏肉やトマトは別の料理に使いたいので、シンプルに魚介類にしてます。

意外と簡単にできちゃうので、作ってみてね~♪

 

 

グリッシーニ

グリッシーニは、クラッカーのような食感のスティック状の細長いイタリアのパン。

イタリアンの料理で、グリッシーニを細かく砕いてパン粉の代わりに使うことがあります。

 

以前は近くのスーパーで売ってたのですが、今は販売してないようなので、作ってみました。

 

ハーブを入れたものとゴマをいれてみました。

 

 

おつまみにもなるので、キャンプに持っていったら、皆さんに喜んでいただきました。

ゴマもとっても美味しかった~♪

ハーブは、3種類ミックスしたのですが、お気に入りのハーブを入れると良いかも。

 

また、キャンプに持って行こうと思います。

 

 

パイ生地

パイ生地を作って、一晩寝かしました。

パイ生地は、それほど難しくありません。

作って冷凍保存しておいてもいいですよねぇ~。

 

成型のときに、伸ばしてたたんで伸ばしてたたんでの繰り返しがちょっと大変かも。

パイ生地を2つ作っておいたので、まずはハム・チーズを入れてみました。

ちょっと焼き色が薄かったけど、美味しかった~♪

パイ生地があると、いつでもできるからいかも~。

今度は、りんごを入れてみようっと。

ripieni del pomodoro

キャンプでもお家でも簡単にできるアンティパスト(前菜)を作ってみましょう。

ripieni=詰め物

pomodoro=トマト

トマトの詰め物を、ちょっとした工夫で、可愛く飾ってくださいねぇ~♪

 

材料は、ミニトマト、玉ねぎ、ツナ、モッツアレラチーズ、塩・胡椒、マヨネーズ。

 

ミニトマトの葉を取り、上のほうを横に切る。

上のほうは、蓋にして飾ってくださいね。

スプーンなどで、ミニトマトの中身をくり抜く。

くり抜いたら、軽く塩を振りさかさまにして、ペーパータオルの上に置いておく。

みじん切りにした玉ねぎとツナを混ぜて、マヨネーズを加えて良く混ぜる。

くり抜いたミニトマトの中に詰める。

ミニトマトに合わせて小さく切ったモッツアレラチーズをのせて、ミニトマトの蓋をする。

 

オーブンで焼いても良いのですが、そのまま食べても美味しいです。

キャンプの時は、そのまま食べました。

オーブンで焼く場合は、ココットなどに入れて焼きます。

キャンプなどでは、プレヒートしたスキレットに入れて蓋をして焼きます。

中に入れる詰め物を変えて作るのも楽しいですね。

 

アウトドアにもパンを~♪

キャンプでお誕生日サプライズをやりました。

キャンプでも、盛沢山の料理を並べて楽しく美味しくいただきました。

 

パスタも用意したのですが、パンも焼いていきました。

 

プレゼントにしてもいい、クランツ。

バター風味のオレンジが入ったパン。

さっぱりとした甘さで、いくらでも食べられちゃう。(*’▽’)

 

ウォールナッツを入れたグラハム(全粒粉)の田舎パン。

 

朝食にしてもいいし、おやつにしてもいいし、あると助かるパンかなー(笑)

 

どれも美味しくて、食べ過ぎ注意です。(*_*;

 

 

春キャベツとモッツアレラのパスタ

パンと料理の教室では、春キャベツとモッツアレラのパスタを作りました。

モッツアレラチーズは、盛り付け寸前に入れて、混ぜるとトロ~リ柔らかく伸びます。

お好みで、後からのせてもオッケーですね。

 

 

イタリアンマフィンをカップに入れてみました。

ちょっとカップが起き過ぎたかも~(笑)

メインは、豚肉です。

 

人参、じゃがいも、ズッキーニと共に美味しくできました。

UFOみたいなパン。

メロンパンみたいだけど、メロンパンよりふんわりしてます。

 

皆さんで作った料理とパンは、一緒に食べます。

残ったパンは、お持ち帰りいただけます。

 

 

 

パン教室 

パン教室では、形、ケースを変えて作ってみました。

ソフトフランス系のパンも、具の入ってるパンも成形を変えたりケースを変えたりするだけで、焼き時間も変わってきます。

見た目ももちろん違いますが、成型や焼き時間が違うと味も多少変わってきます。

 

お楽しみメニューのチーズマフィン。

素朴で簡単、だけどめっちゃチーズで美味し~♪

チーズ好きにはたまらない!

 

焼きたてのパンを試食して、残りはお持ち帰りいただいてます。

 

一緒に作ってランチしませんか?

パンと料理の教室 ショコラブレッド

チョコたっぷりのショコラブレッド

スィーツみたいな食パンです。

やはり焼きたてのフワフワを食べられる至福の時間は、最高です♪

 

ちょっと不思議なカレー味のスープ。

数種類の野菜を使うので、甘さもあるけどカレー味。

このスープ、はまりそうな味です。

 

カネロニのオーブン焼き

ちょっと色良すぎましたが、とても美味しかったです。

カネロニって、マカロニのビック版。

パスタの種類っていっぱいあるんだよねー。

ボリュウムあって、食べごたえバッチリです。

 

フリッターは、みなさんの目の前で揚げていきます。

 

お弁当にもいいですよ~♪

 

かなりボリューム感たっぷりでしたが、パンがふわふわで大人のチョコ味って感じで、とても美味しかったです。

 

 

パンと料理の教室に参加しませんか~