塩豚トマト煮

娘からもらったロッジのサービングポットをキャンプで使ってみました。

 

1.9リットルの小さなダッチオーブンです。

ソロにぴったり!!

今回は、ソロキャンプで、『塩豚のトマト煮』を作ってみました。

塩豚は、豚ロースの塊に塩、砂糖を振って、キッチンペーパーに包んで1~2日置いときます。

水分がでるので、キッチンペーパーは取り替えます。

今回、キャンプには、キッチンペーパーに包んだまま持って行きました。

サービグポットににんにくオイルを入れ温め、香りがしてきたら、7㎜~1㎝くらいに切った塩豚を焼きます。

ここで、完全に火を通すのではなく焼き色を付ける程度。

ひたひたの水とローリエをいれ、煮込みます。

20分くらい煮込んだら、トマト缶を入れてます。

豚肉に味がついているので、塩胡椒は味をみて控えめにします。

ソロには、ちょっと量が多いかな?

残りはジップロックに入れて、お持ち帰りしました。

トマトソースなので、連泊する場合は、残りをパスタに使っても、美味しいよねぇ~♪

 

 

 

豚角白ワイン煮

キャンプでも人気の豚角白ワイン煮

 

これもシャトルシェフで、柔らかく美味しくできちゃう。

 

ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもなるので、家でもアウトドアでも人気です。

 

シャトルシェフを使うと時間、光熱費が短縮できて、手間が省け、しかも美味しくできちゃう優れもの。

 

家で、何回か煮込んで、そのままキャンプにもって行って、再度温めておくと、食べたいときにさらに美味しくなってます。

 

是非、シャトルシェフで作ってみてね。

 

 

材料  4~6人分

豚ロース塊     400~600g

玉ねぎ(ペコロス) 中2個

人参        大1本

にんにく      1片

白ワイン      150cc

水         200cc

コンソメの素    1個

バター       20g

砂糖        小さじ1

塩・胡椒      適量

オリーブオイル   適量

 

作り方

1.豚ロース塊は3~4センチ程度に切り、塩・胡椒をする。

2.玉ねぎは、芯を残して4~6等分、人参は細長い乱切りにする。(ペコロスは、切らずにそのままの大きさで使用)

3.鍋にオリーブオイルを入れて、豚肉を入れ焼き色がつくまで焼く。人参、玉ねぎも入れて、砂糖を振りかけ、炒める。

4.白ワイン、水、つぶしたにんにく、コンソメの素を入れて、沸騰するまで煮込む。沸騰したら、シャトルシェフに入れて、4~5時間保温しておく。

5.鍋を取り出し火にかけ、沸騰させて、シャトルシェフに入れる。これを3回繰り返す。

6.さらに鍋を取り出し火にかけ沸騰したら、バターを入れて、塩・胡椒で味を整える。

 

有塩バターを使用した場合は、塩を控えめにするとよい。

肉にも塩・胡椒を振ってあるし、コンソメやバターの塩分があるので、我が家は最後の塩・胡椒はしないときがある。

無塩バターを使用する場合は、味をみて塩・胡椒をしてくださいね。

 

 

 

アウトドアでも人気!豚角煮~♪

家でもアウトドアでも、美味しいもの食べるときは幸せを感じます。

豚の角煮は、アウトドアでも家でもどちらでもできます。

我が家では、圧力鍋もあるのですが、暑い夏にはあまり使いたくない。

最近は、シャトルシェフを利用してます。

キャンプに行くときは、煮込んだものをシャトルシェフにいれて、そのまま持っていきます。

中身の鍋だけでも使えるし、煮込み料理は、長時間煮込まなくてもトロトロになるので、光熱費節減にもなります。

一度にこぼすので、それほど脂っこさは感じないと思います。

作り方は、簡単です。

 

材料

豚バラかたまり肉 500g~800g
長ねぎ 1本分
根しょうが(皮つきのもの)の薄切り 4~5枚

煮汁
水   2カップ
酒、しょうゆ 各大さじ5
砂糖  大さじ4

 

 

作り方

1.豚肉は4~5cm角に切って鍋に入れ、ねぎの青い部分、しょうがと、たっぷりの水を入れ、中火にかけ、煮立ったらアクを取り、豚肉がゆで汁から出ないように沸騰したらシャトルシェフに3~4時間入れておく。豚肉を取り出して水けをしっかりと拭く。ゆで汁2カップをとっておく。

2.鍋を洗って、新たに煮汁を作る。

3.鍋に豚肉、ゆで汁、煮汁の材料を入れ、強火にかける。煮立ったらシャトルシェフに入れて3~4時間おく。もう一度鍋を取り出し火にかけ沸騰させ、シャトルシェフに4時間入れておく。

沸騰させ、煮込まなくても、シャトルシェフに入れておけばできちゃいます。

シャトルシェフに入れてる間に、別の事ができるので、キャンプでも家でも、かなり活用できますね。

スペアリブ

スペアリブって、作るのが難しくなかなか火が通らなくて、自分では作れず買って食べるもんだと思ってました。

キャンプでスペアリブを作ったときは、硬くないか?

中まで火が通っているのか?

味はしみてて美味しいのか?

いろいろ心配がいっぱいありましたが、いざ食べてみると、美味しくって感動でした。

家でもキャンプでも、スペアリブが作れたら、外食より安く美味しく食べられますね。

スーパーで、スペアリブの肉は売ってますが、土日のほうが大きめのがあるので、ねらい目ですね。

フライパンでもできると思いますが、ダッチオーブンやスキレット、ストウブ鍋のほうが、時間も短く、トロトロに美味しくできます。

キャンプでは、ダッチオーブン、少ないときはスキレット、家ではストウブ鍋を使って、スペアリブを作ってます。

初めは市販のたれを使ってましたが、最近はオリジナルのたれを作り、ジプロックしてます。

キャンプに行くときは、たれに漬け込んでジプロックして冷凍しておきます。

 

作り方~

お肉に切り込みをいれます。

この裏側の骨の部分にも縦に筋をいれるように切り目を入れておくと、骨からお肉がとりやすくなります。

 

たれを作り、ジプロックに入れます。

スペアリブ600~1000g

  • 白だし    大さじ1
  • 砂糖     大さじ2
  • はちみつ   大さじ4
  • 醤油     大さじ2
  • つゆの素   大さじ2
  • みりん    大さじ2
  • 酢      大さじ2
  • 酒      多さじ2

軽くもんでジプロックに入れて味がしみこむように軽くもむ。

キャンプ用は、ここで冷凍します。

 

ジプロックに入れて、空気をぬきます。

 

ダッチオーブンに並べて、焼きます。

 

アルミホイルを敷いておくと、後のお手入れが楽です。

10分焼いて、肉を裏返してさらに10分くらい焼きます。

肉の大きさや量によって多少違いますが、20~30分くらいで焼けると思います。

500g以下は、スキレットを使ってます。

 

スキレットがあると、いろいろ活用できて便利です。

 

パエリアや、オムレツなど3~4人分を作るときは、スキレットの9インチ、一人分の肉を焼いたり朝食の目玉焼きとウィンナーを焼くときは6-1/2インチを使います。

LODGE(ロッジ) 9インチスキレットセット(ロジック)なら、蓋もついているので、すぐに使えます。

 

スペアリブをアウトドアでも、家でも簡単にできちゃいます。

 

豚角トマト煮

家でもアウトドアでも美味しく食べたい!

豚の角煮といえば、醤油味が一般的ですね。

その豚角煮をトマト味にしたらどうなる?

やってみました~♪

キャンプ用にジップロックに入れて、後は家で家族の分。

家でもアウトドアでも、美味しく食べられます。

 

材料

豚ロースブロック(豚バラブロックでも良い)500g

玉ねぎ   1玉

人参    1本

ねぎの青い部分  1本分

白ワイン  50cc

トマト缶    1缶

塩・胡椒

トマト缶は、トマトソースを作っても良いし、瓶入りのソースでも良いと思います。

私が使ったのは、これ

これ、パスタにも混ぜるだけで美味しくできます。

作り方~♪

豚肉は、1㎝くらいに切ります。

玉ねぎは、6等分くらいに大きめに切ります。

人参は、大きめの乱切り。

豚肉に塩・胡椒をして刷り込みます。

青いねぎと一緒に肉と野菜を鍋に入れて20分煮込みます。

*バラ肉を使った場合は、煮込んだお湯を一度捨てて、さらに10分ほど煮込みます。

ロースの場合は、お玉2杯分残して、そのまま使います。

白ワインを入れて、アルコールを飛ばします。

トマト缶を入れます。

サーモスのシャトルシェフに入れてて30分放置。

この間に他の事をしてください。(笑)

鍋を取り出しもう一度、15分煮込みます。

そしてまたサモスのシャトルシェフに入れます。

キャンプ用には、ジップロックなどに入れて、冷凍します。

家では、お皿に盛り付けしてください。

キャンプでは、小さめのダッチオーブンか、スキレットで温めると美味しく食べられます。

 

 

右上のスキレットが豚角トマト煮

 

激旨でした~♪