スキレットでパスタ入りハンバーグ

キャンプで食べる夕飯、悩みますね。

二泊するときは、時間があるので、キャンプ場に行ってから、切ったり煮込んだりして作ります。

ソロの時は、たいてい手抜き。

とはいっても、コンビニ弁当とかカップ麺ではなくて、一応手作りしてみる。

 

家の夕飯などでハンバーグを作るとき、挽肉をやや多めに買います。

一つ余分に作って、ラップにくるんでジップロックに入れて冷凍保存しておきます。

キャンプでは、焼くだけ~♪

 

パスタソースは、市販でも美味しのがあると思いますが、自宅でトマトソースを作ったときにパスタ1回分強をジップロックに入れて冷凍保存します。

 

サラダは、たいていキャンプ場で切ったりしますが、レタスとかは、使う分だけジップロックに入れて持ってきます。

丸々1個持ってきてもいいのですが、クーラーボックスの場所とるし、他の物が入らなくなったりと意外とジャマだったりします。

1泊のソロの場合は、レタス1~2枚を洗って、水気をきぅてジップロックに入れて持参します。

キャンプでは、きゅうり、パプリカなど切るだけ~♪

 

今回のキャンプでは、パスタも食べたかったので、スキレットにハンバーグと一緒にしてみました。

ハンバーグにとろけるチーズを乗せたら、なんだか目玉焼きみたい・・・・

では、今回ソロでシングルバーナーでやってみたのでその手順を記録しておきます。

 

ハンバーグとトマトソースは、2~3時間くらい前からクーラーボックスからだして、解凍しておく。(半解凍くらいで大丈夫)

 

スキレットに、にんにくオイルを入れ弱火で温める。

ハンバーグを焼いて、裏返しして蓋をして蒸し焼きにする。

ワンバーナーで、2~3分焼いたら、蓋をしたまま火からおろしておく。

パスタ用のお湯を沸かす。

私は、キャンプではショートパスタを使用してます。

パスタを茹でます。(表記の−2分)

茹であがったら、お湯を捨てないで置きます。

スキレットのハンバーグにトマトソースを入れて温めます。

ハンバーグを端に寄せて、パスタを入れて2分位よく合えます。

今回は、とろけるスライスチーズを入れて再度蓋をして、温めました。

焼いてる間に、サラダの準備。

レタスは、洗ってあるので、ちぎるだけ。

きゅうり、パプリカを切って盛り付けで、ブロッコリースプラウトを上に乗せます。

 

スープは、ビジソワーズを家で作って持ってきました。

 

 

サラダあり、スープあり、ハンバーグもパスタもあって、お一人様ディナーができました。

 

手抜きだけど、全部手作り。

 

私が使ってるシングルバーナー。

 

ふわふわハンバーグの作り方

トマトソース

 

 

 

 

 

キャンプでも作れるトマトクリーム

キャベツが少し残ったら、パスタに入れてみて~。

今日は、お昼にパスタ作りました。

材料は、冷蔵庫にあったもの。

基本のトマトソースも、作りました。

 

基本のトマトソースを作って瓶やジップロックに入れていけばキャンプでも作れますよ~♪

いんげんとキャベツも作る分だけ刻んでジップロックに入れていけば、すぐに使えます。

 

いんげんとキャベツのトマトクリーム

材料
ファルファッレ       280g
いんげん           60g
キャベツ     100g~150g
ウィンナー         5~6本
基本のトマトソース     200g
生クリーム         100cc
オリーブオイル        適量
塩・こしょう         適量

作り方
1.いんげんは、2㎝くらい、キャベツ、ウィンナーは一口大くらいに切る。
2.ファルファッレを茹でて、2分前になったらいんげんとキャベツを一緒に茹でる。
3.フライパンにオリーブオイルを入れて、ウィンナーを炒める。
4、茹であがったファルファッレ、いんげん、キャベツを入れ、トマトソースを入れて、塩・こしょうをしてよく混ぜる。
5.生クリームを入れて、さらによく混ぜる。

 

基本のトマトソース

パスタなどに使う基本のトマトソース。

作っておくと便利です。

 

トマトが沢山あるときは、完熟トマトを使用しますが、トマト缶でできます。

トマトは、若いと酸っぱさがあり、トマトの完熟度で味も少し違ってくるので、トマト缶を使うと安定の美味しさになります。

 

材料
玉ねぎ   1個
にんにく  1片
トマト缶  1缶
バジル   2枚
白ワイン  30cc
オリーブオイル  適量
塩        適量

作り方
1.玉ねぎをFPで、みじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにした  にんにくを弱火で、香り出しをする。
3.玉ねぎを焦げないように透き通るまで炒め、中火にして     白ワインを入れて、アルコールを飛ばす。
4.トマト缶を入れ、バジルを小さくちぎって入れる。
5.弱火にして、10分、ある程度水分がなくなるまで煮込む。

瓶に入れて保存します。

 

今日は、パプリカ(橙)も一緒に入れてみました。

パプリカって、オレンジのほうが栄養価が高いみたい。

FPで、超みじん切りになるので、パプリカが入ってるのがわからなくて、パプリカ嫌いにもわからなくていいですよ~♪

 

基本のパスタ

始めてのキャンプでは、失敗もありました。

ダッチオーブンで作るビーフシチューは、美味しかったよ。

それからダッチオーブンやスキレットを使うことが多くなったのですが、全てキャンプ場で作るのは大変ですね。

ある程度、家で準備もしてあったほうが、楽チンです。

朝食にも使える簡単パスタソースの作り方です。

これを作っておけば、家ではもちろん、キャンプ場で簡単においしいパスタができちゃいます。

トマトソース材料
トマト缶     1缶
ニンニクオリーブオイル(みじん切りのニンニクとオリーブオイルを合わせる)
玉ねぎ    1/2個
セロリ    1/4本
人参     1/8本
バジル    1~2枚
赤ワイン    50cc

作り方
にんにくは、みじん切りにしてオリーブオイルと一緒に、小瓶に入れておくと、キャンプンのときに役立ちます。

冷蔵庫に入れると、オリーブオイルは固まりますが、問題なく使えます。

 


玉ねぎ、セロリ、人参をみじん切りにする。

 

 


フライパンにニンニクオリーブオイルを入れて弱火で香りが立つまで火にかけます。

 

 


みじん切りにした野菜を入れて炒めます。

 

 


潰したトマト缶、バジルを入れて15分煮る

 

 


赤ワインを入れて、アルコールを飛ばす。

 

 

冷めたら瓶などに入れる。

キャンプの時は、パスタを茹でて、このトマトソースを絡めるだけで、ポモドーロができます。

野菜や、ベーコン、生ハムなどを入れるとオリジナルパスタができますね。

新潟のキャンプの時、ウインナー、しめじ、パプリカを入れてみました。

使ったのは、アルファベットのショートパスタ。

 

一人分(6.5インチのスキレット)
ショートパスタ   60~80g (軽くひとにぎりくらい)
ニンニクオリーブオイル  小さじ1強
ウィンナー     3本
しめじ       適量(軽くひと握りくらい)
パプリカ      1/4個
塩         適量
クレージーソルト

小鍋にお湯を沸かします。(沸騰したら一度火から下ろします)
スキレットににんにくオリーブオイルを入れて、弱火で香り出しをします。
しめじ、ウインナー、パプリカを入れて炒めます。
小鍋が沸騰したら、塩を入れてパスタを茹でます。(袋の表示時間より1分少なめ)
茹で上がったパスタをスキレットに入れます。
トマトソースを入れて、よく絡めます。
クレージーソルトで、味を整える。

 

ウインナーによって、塩加減が違うので味見をして、必要ならクレージーソルトで整えます。

 

一人分が、ちょうど良くできます。

サービングポットで作ろう!

1~2人分がちょうど良く作れます。

 

 

ホワイトスープパスタ

材料(一人分)
ショートパスタ   80g
玉ねぎ       1/4個
しめじ       1/4株
バター       10g
にんにくオイル   小さじ1
水        250cc
牛乳       100cc
ピザ用チーズ    50g
コンソメの素     1個

作り方
1.玉ねぎは薄切り、しめじは石づきを取る。
2.フライパンにバター、にんにくオイルを入れ香りが出たら、玉ねぎ、しめじを入れ軽く炒める。
3.水、コンソメの素を入れ沸騰したら、パスタを入れ、かき混ぜながら中火で1分加熱する。
4.フタをして袋表記の茹で時間、ごく弱火で蒸します。
5.フタをとり麺をほぐし、牛乳とチーズを入れ、中火にする。(沸騰させないように注意してね)
6.塩コショウで味をととのえる。