雪中キャンプを楽しもう~♪

冬キャンプを経験して2年目、それでも2月は雪が降るので、テント泊ではなくコテージにしてました。

薪ストーブがあるコテージで、食材を持っていけば、ある程度の道具は揃っているので荷物が少なくて済みます。

キャンプっていう感じじゃないかもしれませんが、冬は憧れの薪ストーブでヌクヌクするのもいいですよねぇ~。

場所によっては、テレビがあったり、シャワーや電子レンジなども備えてあったり、まるで家にいるような感じ。

それでも、場所が変われば気分も変わるので、楽しさも倍増するのではないでしょうか。

雪中キャンプ

去年、お誘いを受けて、2月にふもとっぱらにキャンプしてきました。

サラサラのパウダースノーは、初体験でした。

本当にグラニュー糖のようにサラサラです。

テントをはじくと、雪がサラサラ~と軽く流れ落ちて行きます。

水っぽい湿った雪とは違って、服も濡れないので、それほど寒さは思ったほど厳しくないです。


雪の上にシートを敷いてテントを立てました。

 

寒さ対策は、石油ストーブとホカロン、極暖のインナー、ズボンを2枚着たりしてました。

雪中キャンプは、突然吹雪いたり、突風がきたりと何が起きるかわからないので、管理棟にすぐ連絡が取れるところや、ベテランのキャンパーがご一緒だったりすると心強いですね。

自然の中でキャンプなので、冬でも夏でも、備えは必要だと思います。

テントの中は、火気類は禁止なのですが、寝る2時間前に石油ストーブを付けてたらテント内ホッカホカ~♪

寝るときは、背中と足裏にホカロンを貼って、ストーブを消して就寝です。

これで、雪の中でテント泊でも十分暖かく寝られました。

ストーブは、自己責任でね!!

朝までつけっぱなしは、絶対ダメですよー!

床からの冷え込みを防ぐためにも、コイルマットなど、厚めのマットを敷いて、ホカロンを貼りましょう。

場所によって、雪質も違うし、濡れたテントを持ち帰るのに大きな袋があったほうがいいですね。

そして、水筒もあると便利です。

冬の外は、寒いので、食べるものも冷めるのが早いし、飲み物も暖かいほうが体が温まりますね。

お湯割りやコーヒーや、インスタントスープなど、お湯があればすぐに暖かいものが飲めます。

また撤収の時、凍った窓にお湯をかけたり、使い道はいろいろ。

炊事場でお湯が出ない場所などは、洗う前にお湯にくぐらせると落ちやすくなります。


私は、このスタンレーを使ってます。

ランチボックスには、コーヒーセットが入ってます。

水筒の保温力もいいので、冬は熱いお湯を入れてます。

冬キャンプも楽しく過ごしちゃいましょう~♪

 

Coleman(コールマン) スポーツスターII+遠赤ヒーターアタッチメント+エコクリーン【お得な3点セット】

冬でも、暖を取りながら調理ができるので、冬キャンには、いいかも~♪

 

冬キャンプを楽しく過ごそう~

キャンプは、夏と思ってませんか?

私も、そう思ってました。

でも、夏って、虫はいるし山以外の所は暑いし。

冬は、寒いので出かけるのも億劫になりがちですが、冬キャンプも魅力がいっぱいです。

冬は、空気が澄んでいるので、星が綺麗に見えます。

本当に星の形をしてキラキラしてるのを見ると、感動します。

焚き火を囲んで、まったりのんびり星を眺めるのも良いですよねぇ~

夏は、賑やかなので、それはそれで楽しことも沢山ありますが、まったりしたいときに近所のキャンパーが賑やかだったらムードも台無しですね。

空気の清々しい冬のキャンプは虫に悩まされることがなく、基本的にはオフシーズンのためキャンプ場も空いていて人も少なく、ゆったりと満喫することができます。

冬キャンプの装備をして、冬キャンプを楽しみましょう。

テントとリビング部分は繋がっていた方が暖かく過ごせることから、何といっても2ルームがおすすめ!

でも、女子だけで2ルームテントは、なかなか難しい物があります。

テントを選ぶ時は、メーカーに聞いて、試し張りができるといいですね。

寝室兼リビングとして使用できるワンポールテントも、ひとつのテントの中で全てを完結させることができ、寒空の中を移動しなくても済むのでオススメです。

コットン幕のテントはポリエステルと比べて熱の移動が少なくなるため、冬はテント内部の熱を外に逃がしにくく、結露しにくい点も魅力的ですが、女子には重たくて力に自信がないとなかなか難しいです。

我が家は、娘と二人なので、ピルツ23にしました。

二人では、十分過ぎるほど広いです。

広すぎて、温まるのに時間かかりました。

大きければ良いということでは、ないですね。

薪ストーブがあれば、かなり暖かく過ごせるのですが、それも女子だけでは、かなり難問題。

我が家は、石油ストーブとカセットストーブで過ごしてました。

基本的には、テント内で火器類を使うのは禁止してます。

自己責任で、やってます。

食事に鍋料理や煮込み料理など、温まるものにすると良いですよ~♪

そして、寝るときもひと工夫あれば、大丈夫です。

我が家は、テント内の寝室部分には始めに、ジョイントマットを敷きます。

これで、下からの冷気はシャットアウト。

その上に銀マット、そして、冬用シュラフ、シュラフ用のインナー、その上に2枚合わせの毛布をかけます。

これで、かなり暖かいのですが、真冬は、背中と足裏にホカロンを貼って寝ます。

シュラフは、冬はマミー型が良いと思いますが、足が自由にならないので、嫌だという方もいます。

高価な羽布団のようなシュラフなら、それ1枚でいいような気もしますすが、我が家はさほど高価な物でなくても大丈夫でした。

毛布などの荷物は多くなりますが。(笑)

ただ、幕内の足元はかなりり冷えるので、ジョイントマットは、あったほうが良いと思います。

それと、忘れてはいけないもの、一酸化炭素警報器、これは必須ですね。

気がついてからでは、体が動かなくなり遅いとも聞くので、テント内締め切ってるのも危険です。

換気は、こまめにしたほうが良いです。

冬キャンプの装備を万全にして、冬キャンプを楽しみましょう。