キャンプやアウトドアを楽しく過ごすための最低限度のルール

キャンプにはまって早5年(笑)

キャンプって、自分にはできないと思ってた。

何も知らなかったし、やったことなかったし、自分にできるかどうか不安だった。

娘と二人で始めたキャンプ。

誰にも教わることもなく、ネットで調べながらテントやランタンなどを買っていた。

テントと寝袋以外は、殆ど100円ショップだったけどね。

それでも、初めは心配ながらも、出かけるのが楽しくて『キャンプは、楽しい~』と思ってた。

火起こしもうまくいかず、近くのベテランさんに教わったり、バーナーを借りたりしてた。

 

娘が高校生になったときから、娘は部活が忙しくなり、私は一人で行くようになった。

ソロキャンプ

しかも、ソロ女子キャンプ。

一時はどうなるかと思ったけど、これがまた意外と楽しい(笑)

自分の好きなものを食べ、好きな時間に寝て、自分の好きなように過ごすことができる。

もちろん、娘と一緒や、グループも楽しさが違うので、やはりキャンプはいなぁ~と思う。

 

たまにキャンプ場のオーナーさんと話をすることがあるのだけど、やはりマナーを守らない困ったさんがいるとのこと。

どこのキャンプ場でもあるトラブル?マナー違反?

ゴミ出し。

分別してくださいと、チェックインのときに話もして、分別方法プリントも渡して、了解のサインもしてもらってるのにもかかわらず、分別なしで混ぜてしまう。

アルコールが入ってわからなくなるのか、自分の家でもそうなのかなー?

でも、ゴミ出しは地域によって違うので、引っ越ししたらその引っ越し先の地域のゴミ出し分別に従うのと同じで、キャンプ場のゴミ出し分別も守って欲しいですよね。

せっかく買ったキャンプ用品が捨てられたり、キャンプ用品が入ってた箱をつぶさず捨てられたり。

これは、どこのキャンプ場でもあることみたいで、とても困ってるようです。

あるキャンプ場は、ゴミ捨てやめようかと考えてるみたいです。

ゴミを捨てられるだけでも、ありがたいと思うのに、一部の方達のためにオーナーさんも考えてるようです。

酔ってるから・・・・

外だから・・・・

キャンプ場だから・・・

うちのほうとは違うから・・・・

いえいえ、違うからその場所その地域でのルールに従って、楽しいキャンプにしたいですね。

 

酔ってしまうと、なんでも許されちゃう?と勘違いしてしまう方がいるのが残念です。

『めんどくさいから・・・』という声が何度か聞いています。

確かにめんどくさいことありますよね?

食事もめんどくさかったら、コンビニで買えばいいし。

自分に合ったキャンプをすればいいと思う。

ただ、してほしくないのは、立ちしょん。

放尿ですね。

 

施設の老人たちには『放尿しないでください』と言ってるのに自分はキャンプで放尿するの?

とても不思議です。

「立ちションって罪なの?」

「立ち小便行為は、軽犯罪法で禁止されています」(弁護士ドットコム引用)

キャンプ場で、立ちションって、臭いもきつくなるし、衛生的にとてもよくないと思います。

キャンプなら、何でもオッケーってわけじゃないので、放尿せずトイレくらいは行きましょう。

年寄りに注意したり、子供に教えてるのと同じように、大人たちも当たり前のことができなくなる年でもないので、排泄はトイレでしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しくキャンプをするために

キャンプを楽しく過ごすために、最低限度のマナーは、守りたいですね。

夏休みは、人が沢山集まるので、キャンプ場も賑やかです。

 

キャンプを始めたころは、ベテランさんにいろいろ教わったり手伝ってもらったりしたものです。

 

外だから、何でもオッケーってわけじゃない。

楽しくて羽を伸ばし過ぎて、羽目を外してしまうというのは、わからなくはないけど、やはり迷惑になることは、さけてほしですよね。

 

サイトは、横切らない。

オートキャンプ場とか、区画が決まってるところはもちろんですが、人の借りてるサイトを横切らないようにしましょう。

無断で、人の家に入ってるのと同じような感じです。

やはり、プライバシーは、守りたいです。

フリーサイトとなると、どこまで?って思うけど、テントやタープの張り綱にひっかかり、躓いて転んだりすると危険なので、気を付けなければなりません。

物を壊した、無くなったなどのトラブルを避けるためにも、人のサイトを横切るのはしないほうがいいです。

 

炊事場の独占はやめましょう。

炊事場でスペースを確保するのはNGです。

たまに見かけるのが、炊事場で野菜などを切ったり占領してしまう方がいます。

ぜひ、ご自身が借りたサイトで調理してほしいです。

私は、野菜類は切って持ってくることが多いので、炊事場で切ったり調理はしないです。

そのほうが、ゴミも少なくなるし、炊事場も汚さないと思う。

ゴミをすぐにまとめて、片付ければいいのですが、ゴミをやりっぱなしは、しないようにしましょう。

ゴミを散らかした後に使うのも嫌だし、キャンプ場だから、人のだから?っていうのはどうかと思う。

 

ゴミ出しは、キャンプ場のルールを守って捨てましょう。

 

ゴミ捨て場があると、とても助かります。

瓶・缶は、別にしてとか、ペットボトルは、ラベルをはずして、蓋は別とか、地域によって違うのと同じように、キャンプ場のルールに従いましょう。

『入ってないですよ。分けました。』と言っても、ゴミ袋を落としてみると、ガチャンと瓶や缶の音がしてみたり。

ガス管とか捨てられる場所があると、凄くありがたいと思うけど、穴を開けて捨てない方がいるようです。

『うちのほうでは、穴を開けないでだせる』とか・・・・ありえないです。

それ、貴方だけのルールじゃないの?と思う。

 

ガス・スプレー缶に穴を開けないと、ごみ集積所に出したとき、収集運搬や処理しているとき、すべての段階で爆発の危険性を誘発して非常に危険です。

ゴミを出せるだけでもありがたいと思うんだけどなぁ~。

やはり地域によってゴミ出し分別が違うので、キャンプ場のルールには、絶対従うもです。

最低限度のマナーを守り、楽しいキャンプを満喫したいですね。

 

 

 

 

 

スキレットでパスタ入りハンバーグ

キャンプで食べる夕飯、悩みますね。

二泊するときは、時間があるので、キャンプ場に行ってから、切ったり煮込んだりして作ります。

ソロの時は、たいてい手抜き。

とはいっても、コンビニ弁当とかカップ麺ではなくて、一応手作りしてみる。

 

家の夕飯などでハンバーグを作るとき、挽肉をやや多めに買います。

一つ余分に作って、ラップにくるんでジップロックに入れて冷凍保存しておきます。

キャンプでは、焼くだけ~♪

 

パスタソースは、市販でも美味しのがあると思いますが、自宅でトマトソースを作ったときにパスタ1回分強をジップロックに入れて冷凍保存します。

 

サラダは、たいていキャンプ場で切ったりしますが、レタスとかは、使う分だけジップロックに入れて持ってきます。

丸々1個持ってきてもいいのですが、クーラーボックスの場所とるし、他の物が入らなくなったりと意外とジャマだったりします。

1泊のソロの場合は、レタス1~2枚を洗って、水気をきぅてジップロックに入れて持参します。

キャンプでは、きゅうり、パプリカなど切るだけ~♪

 

今回のキャンプでは、パスタも食べたかったので、スキレットにハンバーグと一緒にしてみました。

ハンバーグにとろけるチーズを乗せたら、なんだか目玉焼きみたい・・・・

では、今回ソロでシングルバーナーでやってみたのでその手順を記録しておきます。

 

ハンバーグとトマトソースは、2~3時間くらい前からクーラーボックスからだして、解凍しておく。(半解凍くらいで大丈夫)

 

スキレットに、にんにくオイルを入れ弱火で温める。

ハンバーグを焼いて、裏返しして蓋をして蒸し焼きにする。

ワンバーナーで、2~3分焼いたら、蓋をしたまま火からおろしておく。

パスタ用のお湯を沸かす。

私は、キャンプではショートパスタを使用してます。

パスタを茹でます。(表記の−2分)

茹であがったら、お湯を捨てないで置きます。

スキレットのハンバーグにトマトソースを入れて温めます。

ハンバーグを端に寄せて、パスタを入れて2分位よく合えます。

今回は、とろけるスライスチーズを入れて再度蓋をして、温めました。

焼いてる間に、サラダの準備。

レタスは、洗ってあるので、ちぎるだけ。

きゅうり、パプリカを切って盛り付けで、ブロッコリースプラウトを上に乗せます。

 

スープは、ビジソワーズを家で作って持ってきました。

 

 

サラダあり、スープあり、ハンバーグもパスタもあって、お一人様ディナーができました。

 

手抜きだけど、全部手作り。

 

私が使ってるシングルバーナー。

 

ふわふわハンバーグの作り方

トマトソース

 

 

 

 

 

太らないダイエットのきゅうり

食べない、糖質制限ダイエット、または○○ダイエットのように、それだけを食べるダイエットなど、食事制限だけのダイエットは、必ずリバウンドします。

 

リバウンドしたら、以前よりも太るので注意が必要です。

適度の運動をしながら、美味しく食べてストレスのないようにダイエットしましょう。

 

今年は、早くから猛暑で、かなり暑くて、体が参っちゃう。

野菜の中でも体を冷やすといわれているきゅうり

体が冷えると、体の代謝が悪くなり、体の老廃物や毒素が流れにくくなるので、太る原因になり、体がむくむ原因にもなるので、日頃から冷え性でお悩みの方は、特に食べ過ぎに注意するようにしましょう。

 

きゅうりの成分はほとんどが水分で、世界一栄養が無い野菜ですが、脂肪分解酵素「ホスホリパーゼ」が含まれていることが明らかとなり、ダイエットに良いとにわかに注目を集めています。

ホスホリパーゼは、代謝(脂肪を燃やす力)を高める。食事の脂肪を分解して排出する効果があります。

ホスホリパーゼは、長ねぎ・レタス・トマト・きゃべつといった野菜にも含まれていますが、きゅうりのホスホリパーゼは、それらの中でも脂肪を分解する力が特に強いそうです。

きゅうりのほとんどは水分なので、摂取されてもお腹の中に溜まらず、汗や尿としてすぐに排出されてしまい、腹持ちが悪いというデメリットがあります。

 

調味料をつけ過ぎると塩分が増え、食欲を増進してしまう働きがあるので、ついつい食べ過ぎて、カロリーを摂り過ぎて痩せないどころか、太ってしまうこともあるので、注意が必要です。

浮腫まないようにしながら、適度に摂取して、運動を取り入れてながらのダイエットで、この夏を乗り切りましょう。

 

きゅうりにはホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていて、そのまま食べるだけでも効果はあるのですが、すりおろすことによって、きゅうりの膜が壊され酵素が活発になりやすくなるためなんです。

活発になったホスホリパーゼが体に溜まった脂肪に働きかけ、脂肪を分解してくれるので痩せることができるという仕組みです。

でも、きゅうりのすりおろしって、見た目もあまりよくなく、食べにくいんですよね。

 

私は、スムージーとかドロドロとか得意でないので、きゅうりのすりおろしはちょっと苦手。

 

サラダを食べるときにドレッシングに混ぜてみたらどうだろう?

 

見た目は、よくないかもだけどドレッシングだからと思うと大丈夫かな。

和風の玉ねぎドレッシングにきゅうりのすりおろしを混ぜて食べてみました。

これなら、いける!

玉ねぎドレッシングも、玉ねぎの粒が入っていて、多少とろみがあるので、きゅうりのすりおろしを加えてもさほど苦にはならなかったです。

ドレッシングのかけすぎも良くないだろうけど、いつものドレッシングにきゅうりのすりおろしが加わるので、酵素はバッチリ摂れると思うよ。

どーしても、すりおろしが苦手という方は、きゅうりに味噌漬けて食べるのも、ダブル酵素で良いかもね。

 

そして、朝食には炭水化物とたんぱく質が必要です。

大豆たんぱく質、タマネギなどに含まれるポリフェノールのケルセチン、ある種のアミノ酸、小麦、糖分とたんぱく質の同時摂取など、朝摂取することで体内時計をリセットする可能性があります。

朝ご飯を抜くと、頭の働きが悪くなり、ぼーっとしたり、ボケなど痴呆の原因にもなります。

朝食を抜くと、次に食べたときに殆ど吸収しやすくなり、脂肪を蓄えるようになります。

また、昼夜に関係なくだらだら不規則な食生活をしていると、肝臓の時計が狂い、血中のコレステロール値が上がり、脂肪もつきやすくなるので、規則正しく食べるのはやはり良いことなんだと思う。

朝ご飯をしっかり食べて、適度な運動をして、綺麗に健康にダイエットするのが一番いいよね。

 

ゆるゆるダイエット始めてから約2か月だけど、2キロ痩せてた。

パンパンだった、ズボンもすんなり履けたし、2キロだけど痩せた実感がありました。

 

 

 

塩豚トマト煮

娘からもらったロッジのサービングポットをキャンプで使ってみました。

 

1.9リットルの小さなダッチオーブンです。

ソロにぴったり!!

今回は、ソロキャンプで、『塩豚のトマト煮』を作ってみました。

塩豚は、豚ロースの塊に塩、砂糖を振って、キッチンペーパーに包んで1~2日置いときます。

水分がでるので、キッチンペーパーは取り替えます。

今回、キャンプには、キッチンペーパーに包んだまま持って行きました。

サービグポットににんにくオイルを入れ温め、香りがしてきたら、7㎜~1㎝くらいに切った塩豚を焼きます。

ここで、完全に火を通すのではなく焼き色を付ける程度。

ひたひたの水とローリエをいれ、煮込みます。

20分くらい煮込んだら、トマト缶を入れてます。

豚肉に味がついているので、塩胡椒は味をみて控えめにします。

ソロには、ちょっと量が多いかな?

残りはジップロックに入れて、お持ち帰りしました。

トマトソースなので、連泊する場合は、残りをパスタに使っても、美味しいよねぇ~♪

 

 

 

ふわふわハンバーグ

おうちで作るハンバーグを、スキレットでふわふわに焼いてみました。

キャンプなどでハンバーグを作るのは、ちょっと面倒?

時間がたっぷりあるので、キャンプ場で作ってもO.Kですよねー。

でも、作っておいて焼くだけなら、簡単!!

ソロの場合は、一人分を冷凍保存しておきます。

キャンプ場で焼くだけなので、超便利です。

 

 

材料
牛豚合挽肉    300g
玉ねぎ       1/2個
麩         1カップ
卵          1個
粉チーズ      20g
ナツメグ       適量

作り方
1.麩は、フードプロセッサーで細かくしておく。

2.玉ねぎも、適当に切ってから、フードプロセッサーで刻んでおく。(出た水分も入れる)

3.合挽肉、玉ねぎ、麩、粉チーズ、卵、ナツメグを入れて、手でよく捏ねる。

卵や玉ねぎの大きさによって、ハンバーグの硬さが違うので、硬くならないように、麩の量を調節してください。

4.3等分に分ける。
5.一つずつラップに包んで、ジップロックに入れて冷凍する。

 

焼く場合
スキレットにオリーブオイルを入れて温める。
解凍したハンバーグを入れて、弱火にして蓋をして焼く。
途中裏返しにして、両面焼く。
お好みのソースをかける。

お麩を入れることで、高たんぱくになり、ふわふわに美味しくなります。

1個ずつラップに包んでおくと、型崩れしたときなど、焼くときに形を整えやすい。

粉チーズを入れるので、塩胡椒は、入れません。

ソースは、お好みで好きな物で召し上がれ~♪

 

いつもワクワク、楽しいことをする!

自宅でパンと料理の教室をやってます。

キャンプにはまって、4年が過ぎました。

キャンプで、お友達にサプライズディナーをやりました。

サプライズ、考えるのが、とっても楽しい。

ディナーのメニューを考えるのが、楽しい。

 

移動カフェ、サプライズディナー、ありがとうランチなど、楽しい、感謝のサプライズをします。

ウキウキ、ワクワク、そして、ありがとうと笑顔がいっぱいになりますように。

豚角白ワイン煮

キャンプでも人気の豚角白ワイン煮

 

これもシャトルシェフで、柔らかく美味しくできちゃう。

 

ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもなるので、家でもアウトドアでも人気です。

 

シャトルシェフを使うと時間、光熱費が短縮できて、手間が省け、しかも美味しくできちゃう優れもの。

 

家で、何回か煮込んで、そのままキャンプにもって行って、再度温めておくと、食べたいときにさらに美味しくなってます。

 

是非、シャトルシェフで作ってみてね。

 

 

材料  4~6人分

豚ロース塊     400~600g

玉ねぎ(ペコロス) 中2個

人参        大1本

にんにく      1片

白ワイン      150cc

水         200cc

コンソメの素    1個

バター       20g

砂糖        小さじ1

塩・胡椒      適量

オリーブオイル   適量

 

作り方

1.豚ロース塊は3~4センチ程度に切り、塩・胡椒をする。

2.玉ねぎは、芯を残して4~6等分、人参は細長い乱切りにする。(ペコロスは、切らずにそのままの大きさで使用)

3.鍋にオリーブオイルを入れて、豚肉を入れ焼き色がつくまで焼く。人参、玉ねぎも入れて、砂糖を振りかけ、炒める。

4.白ワイン、水、つぶしたにんにく、コンソメの素を入れて、沸騰するまで煮込む。沸騰したら、シャトルシェフに入れて、4~5時間保温しておく。

5.鍋を取り出し火にかけ、沸騰させて、シャトルシェフに入れる。これを3回繰り返す。

6.さらに鍋を取り出し火にかけ沸騰したら、バターを入れて、塩・胡椒で味を整える。

 

有塩バターを使用した場合は、塩を控えめにするとよい。

肉にも塩・胡椒を振ってあるし、コンソメやバターの塩分があるので、我が家は最後の塩・胡椒はしないときがある。

無塩バターを使用する場合は、味をみて塩・胡椒をしてくださいね。

 

 

 

炭は、土にかえらない

最近、キャンプやバーベキューを楽しむ方が増えてきました。

バーベキューといえば、炭に火をおこして、熱い思いをしながら楽しく食べたりする。

 

初めて炭に火おこしをしたときは、なかなか火がつかなくて大変な思いをしたものです。

最近は、簡単に火が付く炭とか、ゼリー状のものとかいろいろあります。

どれを使うにも注意が必要で、BBQを楽しんだ後の後始末もきちんとしておきたいですね。

ゼリー状の着火剤を使うときは、途中で火の勢いが足りないからとゼリー状の着火剤を足すのは危険です。

着火剤の主成分であるメチルアルコールは、揮発性が大きいためガス化して引火しやすいので、一度火をつけたら、着火剤の『つぎたし』は絶対しない!

 

 

そして、BBQなど薪や炭を使う場合は、火消壺を持参しましょう。

場所によぅては、炭捨て場があるので、確かめてから行うようにしましょう。

炭は、自然に戻ることがなく、そのままそこに黒いものが残ったままになります。

しかも、火が付いたまま埋めるなんて、もってのほか!!

マナーやモラルを守って、楽しくアウトドアを過ごしてほしいですね。

 

アウトドアでパエリアを作ろう~♪

外で食べるご飯って、美味しいですねぇ~

キャンプでパエリアを作ってみたら、美味しくって母子キャンのとき、作ってます。

パエリアで使うサフランが、近くのスーパーで売ってるので、助かります。

以前はスーパーに売ってなくて、ネットで購入しました。

 

使うフライパンによって、火加減や時間が違うので、使うフライパンに合わせてください。

我が家は、9インチのスキレットで作ります。

 

材料

米   1合 (洗わない)

海老、イカ、アサリ、ホタテなど  200g前後

玉ねぎ   1/4  (みじん切り)

パプリカ   半分  (縦にスライス)

にんにく   1カケ (みじん切り)

オリーブオイル  適量

白ワイン   50cc

コンソメの素  1個 (砕く)

サフラン   ひとつまみ

水150cc

 

作り方

1.水にサフランを入れておく。米は、無洗米を使うといいが、普通のコメでも大丈夫です。米は洗わないほうが、粘りがでて美味しくできます。洗った場合は、水分量を調節してください。

2.スキレットにオリーブオイル、みじん切りにしたにんにくを入れて弱火でゆっくり熱して香り出しをする。

3.魚介類を焦がさないように炒め、別の容器に取り分けしておく。この時点で、火は通らなくても良い。

4.同じスキレットにみじん切りにした玉ねぎを炒め、米も入れて色が変わるまで炒める。(焦がさないように注意)

5.白ワインを入れて、アルコールが飛んだら、スープ(サフランを入れた水、コンソメを溶かしたもの)を加え、中火のまま沸騰させる。

6.少し煮詰めたら、魚介類をスキレットに戻して、パプリカを入れて蓋をして弱火にする。

7.スキレットやフライパンにもよりますが10分前後で一度様子をみて、パチパチ音がし始めたら火を止めて、蒸らします。

 

 

 

お好みで、鶏肉やトマトを入れても美味しくできますが、我が家は、鶏肉やトマトは別の料理に使いたいので、シンプルに魚介類にしてます。

意外と簡単にできちゃうので、作ってみてね~♪