炭は、土にかえらない

最近、キャンプやバーベキューを楽しむ方が増えてきました。

バーベキューといえば、炭に火をおこして、熱い思いをしながら楽しく食べたりする。

 

初めて炭に火おこしをしたときは、なかなか火がつかなくて大変な思いをしたものです。

最近は、簡単に火が付く炭とか、ゼリー状のものとかいろいろあります。

どれを使うにも注意が必要で、BBQを楽しんだ後の後始末もきちんとしておきたいですね。

ゼリー状の着火剤を使うときは、途中で火の勢いが足りないからとゼリー状の着火剤を足すのは危険です。

着火剤の主成分であるメチルアルコールは、揮発性が大きいためガス化して引火しやすいので、一度火をつけたら、着火剤の『つぎたし』は絶対しない!

 

 

そして、BBQなど薪や炭を使う場合は、火消壺を持参しましょう。

場所によぅては、炭捨て場があるので、確かめてから行うようにしましょう。

炭は、自然に戻ることがなく、そのままそこに黒いものが残ったままになります。

しかも、火が付いたまま埋めるなんて、もってのほか!!

マナーやモラルを守って、楽しくアウトドアを過ごしてほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です