雪中キャンプを楽しもう~♪

冬キャンプを経験して2年目、それでも2月は雪が降るので、テント泊ではなくコテージにしてました。

薪ストーブがあるコテージで、食材を持っていけば、ある程度の道具は揃っているので荷物が少なくて済みます。

キャンプっていう感じじゃないかもしれませんが、冬は憧れの薪ストーブでヌクヌクするのもいいですよねぇ~。

場所によっては、テレビがあったり、シャワーや電子レンジなども備えてあったり、まるで家にいるような感じ。

それでも、場所が変われば気分も変わるので、楽しさも倍増するのではないでしょうか。

雪中キャンプ

去年、お誘いを受けて、2月にふもとっぱらにキャンプしてきました。

サラサラのパウダースノーは、初体験でした。

本当にグラニュー糖のようにサラサラです。

テントをはじくと、雪がサラサラ~と軽く流れ落ちて行きます。

水っぽい湿った雪とは違って、服も濡れないので、それほど寒さは思ったほど厳しくないです。


雪の上にシートを敷いてテントを立てました。

 

寒さ対策は、石油ストーブとホカロン、極暖のインナー、ズボンを2枚着たりしてました。

雪中キャンプは、突然吹雪いたり、突風がきたりと何が起きるかわからないので、管理棟にすぐ連絡が取れるところや、ベテランのキャンパーがご一緒だったりすると心強いですね。

自然の中でキャンプなので、冬でも夏でも、備えは必要だと思います。

テントの中は、火気類は禁止なのですが、寝る2時間前に石油ストーブを付けてたらテント内ホッカホカ~♪

寝るときは、背中と足裏にホカロンを貼って、ストーブを消して就寝です。

これで、雪の中でテント泊でも十分暖かく寝られました。

ストーブは、自己責任でね!!

朝までつけっぱなしは、絶対ダメですよー!

床からの冷え込みを防ぐためにも、コイルマットなど、厚めのマットを敷いて、ホカロンを貼りましょう。

場所によって、雪質も違うし、濡れたテントを持ち帰るのに大きな袋があったほうがいいですね。

そして、水筒もあると便利です。

冬の外は、寒いので、食べるものも冷めるのが早いし、飲み物も暖かいほうが体が温まりますね。

お湯割りやコーヒーや、インスタントスープなど、お湯があればすぐに暖かいものが飲めます。

また撤収の時、凍った窓にお湯をかけたり、使い道はいろいろ。

炊事場でお湯が出ない場所などは、洗う前にお湯にくぐらせると落ちやすくなります。


私は、このスタンレーを使ってます。

ランチボックスには、コーヒーセットが入ってます。

水筒の保温力もいいので、冬は熱いお湯を入れてます。

冬キャンプも楽しく過ごしちゃいましょう~♪

 

Coleman(コールマン) スポーツスターII+遠赤ヒーターアタッチメント+エコクリーン【お得な3点セット】

冬でも、暖を取りながら調理ができるので、冬キャンには、いいかも~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です